チープカシオのA158WEAを買ってみたら

カシオの中で、チープカシオと呼ばれるモデルA158wea海外仕様モデルを購入しました。

カシオで発売している一般的に3000円以下のモデルの総称のようなものですが、今回のこのモデルは、3300円でしたので、ギリギリチープカシオに含まれる部類ですね。

チープカシオといっても、多種多様なモデルが存在します。

今回これから紹介するモデルは、デジタルの中でも文字盤がブラックにシルバーのみという非常にシンプルなタイプになっていて、ベルトもステンレス仕様なので、スーツスタイルで合わせても違和感なく着用できます。

ちょっとしたはずしで使ってもらうとすごくいいです。

Gショックではずすにはちょっとなんていう方にはオススメですね。

今まで、自動巻のモデルを使っていたので、時計自体が非常に軽いです。

厚みもすごく薄いので、物足りないという方もいるとは思います。

通常の文字盤はブラックにレッドやブルー、シルバーなどと色目が派手な感じになってます。

そのモデルですと、1000円から1500円ぐらいの価格帯で販売していますので、倍以上の価格になってしまってます。

このほかに、同じくA158品番で文字盤がゴールドのタイプもあります。

これは、ベルトを茶のレザーベルトなんかに替えてあげるとオシャレですね。

何回買ったこの商品のちょっと不満というか、こうならもっとよかったのにというところは、液晶のバックライトが、LEDライトになっていて、それも片側1球でのライトになっているので、暗い時の視界性はあまり良くありません。

これがA168のようなELバックライトモデルならば夜間の視界性が格段に良くなると思います。

A168モデルになりますと、文字盤本体の大きさも若干大きくなるのでいいと思います。

もう一つは、文字盤自体の素材ですね。

素材がプラスチックなので、仕様していると、シルバーがはげてきてしまいます。価格の安い物なので仕方がないと言われればそれで終わりなのですが、価格自体がもうすこし上がってしまっても、ベルトと同じでステンレス仕様のものも発売してくれると、購入層の幅も広がっていくのではないかと思います。

値段が上がればチープカシオじゃないだろうというような話も出るかもしれませんが検討していただきたいものです。