*

裏から見えない修正テープが人気

公開日: : オフィス

見えない修正テープ

いま「裏から見えない修正テープ」が人気なんだです。

これまでの修正テープでは書き間違えを修正した時に、裏から間違った事が透けて見えてしまってました。

しかしこの「裏から見えない修正テープ」だとその商品名の通り、間違いが見えないようになってるのです。

確かに間違ったって事は、その部分は誤りがあり結構恥ずかしいですからね。

そうじゃなければわざわざ消したりしないはずです。

ただ完全に消えるわけではないようです。

「裏から見えない修正テープ」の仕組みとしては、裏側にアルファベットの文字パターンが印刷されているため、その文字と重なって読みにくくなるというものです。

これは個人情報保護スタンプ「ケシポン」のアイディアを活用したもの。

読みにくくなるって言うことで、完全に読めなくなると言うわけではありません。

実際に確認してみると、なんて書いてあるか分かりませんでしたが、なんとなくうっすらと見える感じです。

頑張って解読しようとしたら、もしかしたら解読できるのかもしれないですね。

セキュリティーとかそういう重要なことを考えるんだったらちょっと厳しいかもしれないです。

まぁもちろん何もないよりは全然いいはずです。

もし間違ったものを恥ずかしいから見られたくないという程度の範囲だったらいいと思います。


プラス WHIPER/ホワイパースライド 裏から見えない修正テープ ブルー テープ幅:5mm WH-015P PLUS 第1回文房具総選挙ランクイン商品!

情報元:PLUS

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

131213-iro

消せる色鉛筆「フリクションいろえんぴつ」はバラ売りは?

パイロットの消せるシリーズの「フリクションいろえんぴつ」。 熱で消せる特性を持った色鉛筆は面白

記事を読む

image

尋常じゃない軽さを体験できるMONO AIR

  いやー、めちぇめちゃ軽くってびっくりしました。 何の話かと言うと、修正テープ

記事を読む

フリクションスタンプ

フリクションスタンプを揃えると

出るんじゃないかなと思っていたらやっぱりでました。 消せるスタンプ『フリクションスタンプ』

記事を読む

キングジムのイミシルの評判は?

キングジムといえばかなり独特のコンセプトを持った商品が多いですよね。でも独特のアイデアから結

記事を読む

オレンズ

orenz(オレンズ)の芯は折れんず?

ぺんてるから新たなシャープペンシルが発表されました。 その特徴はというと、0.2mmと

記事を読む

スマート印鑑

スマート印鑑の価格と使用期限

何かにつけて印鑑を持っていくのを忘れてしまう私。 市役所に行って書類書いて、さあ提出す

記事を読む

フリクションいろえんぴつ

フリクションのいろえんぴつの違いは?

CMですっかり有名になったパイロットの消せるボールペン「フリクションボールペン」。 その特徴はと言

記事を読む

digi204-3

コスパのいい三脚「DIGI-204」を購入

新しい物が大好きな私は、物欲が止まらず、ついついいろいろとグッズを購入してしまいます。 そんな

記事を読む

話題の超単焦点プロジェクター ソニーLSPX-P1とは!?

超単焦点プロジェクター 、超単焦点プロジェクター 、超単焦点プロジェクター ・・・ な

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

image
尋常じゃない軽さを体験できるMONO AIR

  いやー、めちぇめちゃ軽くってびっくりしました。

image
chuwiのHi12はコスパ最高のタブレット

  Hi12はchuwiのタブレットです。少し前に話題

キングジムのイミシルの評判は?

キングジムといえばかなり独特のコンセプトを持った商品が多いです

話題の超単焦点プロジェクター ソニーLSPX-P1とは!?

超単焦点プロジェクター 、超単焦点プロジェクター 、超単焦点プ

Apple最新スマートフォンiPhone SEのカメラ性能はどうなる!?

iPhone SEは、米Appleが作ったスマートフォン。iP

no image
間違ったメガネの拭き方であなたのレンズはボロボロです

あなたは間違ったメガネの拭き方でレンズを傷つけていませんか? 実にメ

iPhone SEのスペックについてiPhone5sと比較してみた

このたびAppleから発売されたiPhone SEのスペックに

→もっと見る

PAGE TOP ↑