激安、格安価格でコスパの高いお得な商品、お店選びをサポート、通販を上手に使うためのお役立ち情報をお届け

【グッズトピア】通販・買い物をお得に

オフィス

話題の超単焦点プロジェクター ソニーLSPX-P1とは!?

更新日:

20160519125835

超単焦点プロジェクター 、超単焦点プロジェクター 、超単焦点プロジェクター ・・・

なんか噛んでしまいそうな単語が並んでいますね・・・

超単焦点プロジェクター、ソニー LSPX-P1とは?

ソニーがCES2015で初めて発表され、CES2016で製品版が登場した超単焦点プロジェクターです。

通常のプロジェクターは映し出す壁からかなり離して設置しますよね。
超単焦点ということで、かなり壁に寄せてもそれなりに表示されます!

そして従来のプロジェクターだとケーブルを接続して映像を表示しますよね。
な、なんとLSPX-P1はワイヤレスで接続して表示します!

ケーブル不要のプロジェクター!

スマートフォンなどは専用アプリを使ってLSPX-P1と接続します。
同梱のワイヤレスHDMIユニット経由でBDレコーダーやゲーム機(WiiU、PS4など)と接続できます。

さらにLSPX-P1はバッテリーを内蔵しているため、本体単体で映像を表示できます。

プロジェクターとか使うと、ケーブル配線がかなり汚く見えがちですが、
そんな心配もなくなりますね。

ただ、本体のバッテリーでの駆動時間は約2時間です。
まぁ電気を使いそうなプロジェクターをバッテリーだけで2時間動作できるのはすごいですね。

肝心の画質はどうなる?

LSPX-P1の入力解像度は1920×1080ピクセルの1080pだが、出力は1366×768ピクセルとなる。そのため出力時には圧縮表示されてしうまう。

1080p解像度のPC画面も可読性は悪くはない。しかし、ドットバイドットの1366×768がやはり美しく見えてしまいます。

また公称の輝度は100ルーメン。1000ではなく、100です。
現在のホームシアターとくらべてしまうとやはり暗く感じてしまいます。

そのため、かなり部屋を暗くして表示する必要はでてきてしまいます。

ソニーらしさが見える製品

プロジェクターといえば会議室とかにどっしりとおいて、映像を表示する。そんなイメージが私の中にはありました。

このLSPX-P1では、ワイヤレスで映像を表示したり、本体単体で動作したりなどソニーらしい非常に面白い製品だと感じています!

-オフィス

Copyright© 【グッズトピア】通販・買い物をお得に , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.