電池がいらないワイヤレスマウス400-MA052の仕組みと重さ

400-MA052

サンワサプライから電池がいらないマウス「バッテリーフリーワイヤレスマウス 400-MA052」が発売されました。

ワイヤレスなのに電池がいらないなんて凄いです。

なぜこんなことができるのでしょうか。

これにはマウスパッドに秘密があります。

このマウスを使うには専用のマウスパッドを使用します。

このマウスパッドから磁界が発生して、マウスの回路に電源を供給します。

マウスパッド自体はUSBにつながっていて、ここから電源が供給されます。

つまり、マウスはワイヤレスだけど、専用のマウスパッドは有線ということです。

うーん、ちょっと残念ですね。

確かにマウスにバッテリーを積んでいない分、マウス自体の重さは72グラムと、このクラスのマウスにしては軽いです。

しかし、専用のマウスパッドの方は140グラムあるそうです。

家や職場で使うのはいいですが、持ち運んでは使えないですね。

どうせなら、マウスの移動の操作による運動やクリック動作などによって電源を作り出すようなバッテリーフリーのマウスが出てくれば面白いんですけどね。

まぁ、そうなるとマウスがめちゃめちゃ重くなってあんまりメリットないかもしれないですね。

今の電池式のマウスでも電池1本で数ヶ月は持ち、結構軽いですから、現時点ではこっちの方がいいのかもしれないですね。

ちなみに乾電池の重さは、種類によっても異なりますが、だいたい単4で11グラム、単3で22グラムくらいだそうです。