年末ジャンボとtotoではどっちの方が確率がいいの?

今年の年末ジャンボはなんと7億円。

ただし、これは前後賞を合わせた額で純粋に1等の当選金額は5億円です。

5億だろうと7億だろうとどっちでもいいからと『バラで買う派』なのですが、その差が2億円って考えるとなんか凄いですね。

ところで、高額当選と言えば他にもtotoBIGもありますが、年末ジャンボとtotoBIGではどっちの方が確率がいいのでしょうか。

期待値とかは置いておいて、1等の確率で考えたいと思います。

年末ジャンボの1等の当選確率は1,000万分の1と言われています。

一方、totoBIGの1等の当選確率は約478万分の1です。

totoBIGの1等の当選金額は変動するのですが、繰越金が貯まっていて、先日は最高6億円から10億円に上乗せされました。

そう考えると、totoBIGの方が断然有利に思います。

まぁ、いずれにしても気の遠くなるような確率ですけどね。

例えば、年末ジャンボを毎年100枚購入し続けた場合、確率的には10万年に1回しか当たらない訳ですから。

ちなみに、10万年前と言えば、ネアンデルタール人とかクロマニョン人とかそんな時代です。

日本列島はまだ大陸とつながっていたそうです。

日本列島

その頃から毎年買い続けて、今当たればやっと確率通り。

運が悪ければ、まだ当たってないんですね。

なお、ロト6は1等賞金最大4億円で、当選確率は約600万分の1。

ロト7は1等賞金最大8億円で、当選確率は約1029万分の1です。

こう考えると、年末ジャンボは一番効率が悪そうですね。

まぁ、いずれも気の遠くなるような確率なので、なんか年末気分の楽しい時間を過ごせる年末ジャンボを10枚だけ買おうかと思います。