DPT-S1のスペック

DPT-S1

ソニーから発売されるデジタルペーパー端末「DPT-S1」のスペックです。

まずはディスプレイについて。

サイズは13.3インチです。

これはA4と同じサイズですね。

雑誌とも同じくらいでしょうか。

カラーではなく16階調グレースケールとなります。

解像度は1,200×1,600ピクセルということで、なかなかの高精細です。

タッチに対応しており、電磁誘導方式のペンでも入力できるそうです。

メモとか書いて残しておけるならいいのですが、デジタルペーパー端末でペンはあまり使用しなさそうに思います。

続いて、本体サイズ。

幅233mm×高さ310mm×奥行6.8mmということでこの薄さがウリのひとつです。

そして、もうひとつのウリは重量358gの軽さですね。

内蔵ストレージは4GBで読み込めるファイル形式はPDFのみということです。

これはもう少しいろいろと対応して欲しかったです。

バッテリーは2~3週間ほど持つとのこと。

通信にはWi-Fi(IEEE802.11b/g/n)が使えます。

インタフェースはMicro USB端子とmicro SDカードスロット。

スペックとしてはざっとこんなところでしょうか。

こやってみると、軽さ、薄さ、高解像度といったところが魅力です。

スペック的には素晴らしい端末だと思います。

あ、ちなみに予想実売価格は98,000円前後ということで、ここがネックですね。